コース紹介

コース紹介

アスリート選抜コース

野球・サッカー・柔道・ソフトテニスを専門に追及しながら、
体育系大学、有名私立大学に確実に現役で合格するコース

アスリート選抜コースのここがポイント!

01 朝学習は国語の漢字・語彙、英単語等のプリント学習を行う。
02 専門指導者による各種目のスキルアップ授業の実施。
03 定期的な栄養講習会、トレーニング講習会、テーピング講習会の実施。
04 各種実習でスポーツインストラクターへの布石を学ぶ。
05 トップアスリートによる講演会の実施。
06 臨床心理士によるメンタルトレーニングの実施。

~目標とする進路先~
有名私立大学・体育系大学

OB・OGより

image 立教大学 現代心理学部映像身体学科
小野 勇希 村上市立村上第一中学校出身
新潟県から武蔵越生高校に単身で入学してきた頃は不安がなかった訳ではありません。しかし、ソフトテニスの強い学校で自身の限界にチャレンジしたい気持ちが強かったので、監督の言葉と競技する仲間を信じて頑張ってきました。2年の関東大会県予選で中島偉吹君と組んで優勝したことや、全国選抜5位入賞。3年時の小田原関東大会団体優勝、大分インターハイ出場を決めた県大会など、どれも良い思い出です。大学でもソフトテニスを続けており、関東リーグ2部1位となり、1部に昇格しました。全国のトップを目指すなら武蔵越生高校のアスリートコースで仲間とともに切磋琢磨することをお勧めします。

各クラブ紹介

野球部
甲子園出場を目標に、春は東海地方への遠征試合、夏は本校軽井沢研修センターでの強化合宿で実力を養っています。県大会ベスト4・3回。西部地区大会優勝6回の実績があります。
サッカー部
全国大会出場が目標。全国総合体育大会出場を始め、県新人大会優勝、東日本大会優勝の実績があります。卒業生には日本代表選手やJリーガーもいます。
柔道部
県大会優勝、関東大会連続45回出場、インターハイ14回出場、国民体育大会10回出場、全国高校柔道選手権大会8回の実績があります。心身の鍛錬で、心の余裕と精神力を鍛えます。
ソフトテニス部
全国優勝が目標です。インターハイ出場27回、準優勝1回全国選抜大会出場8回、第5位入賞1回。関東大会(春・冬)出場45回、優勝3回準優勝8回を始めジャパンカップ3位、県内大会優勝42回、国体・天皇杯などにも多くの選手を輩出しています。

アスリート選抜コースのカリキュラム

平成29年度入学生

科目 1年 2年 3年
国語総合
   
現代文B   4 
古 典B   2 
世界史A  
日本史A  
現代社会    
政治経済     4 
数学Ⅰ
   
数学Ⅱ    
数学A   2 
数学B  
2 
物理基礎
 
生物基礎
 
化学基礎    
生 物    
体 育
保 健  
体育理論
1 
音楽美術書道    
C英語Ⅰ    
C英語Ⅱ   4 
家庭基礎    
社会と情報    
総合学習
ページ先頭へ戻る