メイン画像

学校案内

校長挨拶

「新コース制」のもとで夢の実現を
本校は外秩父山地の麓に位置し、緑豊かで静かな自然環境に恵まれたなかにあり、学習やスポーツに最適な地にあります。 「行うことによって学ぶ」という建学の精神のもと、これからの国際社会のよき形成者として心豊かで実践力のある人間の育成に努め、幾多の有意な人材を世に送り出してきました。本年で創立65年目を迎えた伝統ある学校です。
平成24年の創立60周年を機会に、本校独自の「志教育」をスタートしました。 「志教育」とは、生徒の夢や目標を育て実現させるための教育システムであり、それは同時に生きる力を培い、将来の自己実現を目指した取り組みです。具体的には、進路などの「キャリアプログラム」をとおして、人生観や職業観を学ぶとともに自立心や生き方等について考え、将来の夢や目標の実現を図っていくものです。そのために教科の「スタディプログラム」で社会人としての知識・技能等を身につけ、また生活面の「モラルプログラム」で人間としての在り方・生き方等を養うなどして、相互に関連させて幅広く学んでいきます。

教育目標を達成するため
 1 学力の向上と進路の保障
 2 礼儀正しい態度の養成
 3 部活動の育成強化 
 4 「志教育」の充実

上記4点を力強く推進していきます。

 本年度から「S特進」「選抜Ⅰ」「選抜Ⅱ」「アスリート選抜」の4コースがスタートしました。
 また、グラウンド整備事業に伴い、人工芝のサッカー場、野球専用グラウンド、オールウェザーの陸上トラックが完成しました。なお一層の飛躍が期待されます。
本校は、これまでも進学をはじめ部活動などで大きな実績・成果を挙げてきました。また、体育祭・文化祭などの学校行事では、生徒会などが中心となり活発に行われています。生徒は明るく活動的で、毎日の授業はもちろん、部活動や学校行事にと、生き生きと一生懸命に取り組んでいます。
これからも生徒の期待、保護者や地域の信頼に応えるため、一層魅力ある学校をつくっていきたいと考えています。
 中学生のみなさん、あなたの夢を武蔵越生高等学校で実現させてみませんか。
  • image

    理事長  一川 高一

  • image

    校 長  大塚 英男

教育方針

建学の精神
 「行うことによって学ぶ」
教育方針
 1.生徒一人ひとりを大切にし、能力・適性を生かす教育を行う。
 2.責任と礼節を重んじ、生徒の自立心を育てる教育を行う。
 3.生徒の心身を鍛え、特技や情操を高める教育を行う。
 4.多様な進路を保障し、生徒の自己実現を目指す教育を行う。
 5.父母の期待、地域の信頼に応える全人的視野に立った教育を行う。

努力目標

教育目標
 本校建学の精神に立ち、これからの国際社会のよき形成者として心豊かで実践力のある人間を育成する。
 1.創造性豊かな人間
 2.思いやりのある人間
 3.志気あふれる人間

学校概要・沿革

沿革

昭和27年10月 越生木工技能者養成所認可
昭和35年 6月 越生工業高等学校建築科・木材工芸科開設
昭和40年10月 越生高等学校普通科・建築科木材工芸科設置
昭和48年 4月 普通科進学コース設置
昭和56年 4月 普通科体育コース設置
昭和62年 8月 コンピュータ室完成
平成 2年 6月 軽井沢研修センターおよび総合グランド竣工
平成 3年11月 あすなろ館(合宿所およびトレーニングルーム)落成
平成 5年 4月 校名を武蔵越生高等学校と改称
 普通科特進・国際・情報コースを設置
 女子生徒の募集を開始
平成 7年 3月 鉄筋7階建本館校舎落成
平成15年 4月 普通科進学・進学選抜コースを設置
平成18年 4月 普通科特進選抜コースを設置
平成24年11月 体育コースをアスリート選抜コースに名称変更
創立60周年記念式典挙行
ページ先頭へ戻る